医療法人洗心会 児嶋病院 飯塚市,花瀬 内科・外科・脳神経外科・胃腸内科・循環器内科・リハビリテーション科・肛門内科・疼痛緩和内科(ペインクリニック)・リウマチ科

看護部の紹介

看護医療連携部 部長挨拶


●病棟看護師長 齋藤美鈴
当院は平成26年6月より、これまでの機能別看護方式から、患者様を受け持ち一定水準の看護を提供するチームナーシング方式へ変わり、手探りの状態からようやく定着をしてきたところです。昨年7月には看護基準13対1を取得いたしました。そして今年度は新病院の建設が予定されています。このような過渡期に、病棟看護師長の任務をあずかることになりました。慣れない管理業務をスタッフに支えられながら日々奮闘の中、やりがいとともに責任の重さを感じています。管理者としてまだまだ未熟ではありますが、患者様とそのご家族へ安全な医療を提供したいという思いは強く持っています。そのためにもまずは、病棟内だけでなく、外来・訪問看護スタッフと連携を図りながら、『より質の高い看護を提供できるような環境・システムづくり』を目標に、微力ではありますが全力で取り組んでまいります。皆さまのご支援とご鞭撻の程をよろしくお願いいたします。

●外来看護師長 木本ひとみ
当院外来は内科・外科の診療をはじめ、それに伴う各種検査・リハビリテーション・救急車の受け入れに力を注いでいます。その中で私たち看護師は、何よりも患者様の安全を第一に、また状況に応じた適切で細やかな対応を心がけながら日々の業務に臨んでいます。「この病院にかかって本当に良かった」と安心し信頼していただけるように、患者様の気持ちに寄り添える温かい病院でありたいと考えています。お気づきの点やご心配な事などがございましたら遠慮なくお声をかけて下さい。私たちは今後も知識と技術の向上、心のこもった看護を目指してより一層の努力をしてまいります。

●訪問看護課師長 兒嶋弥生
今や医療は生活の場に浸透し病院・家庭・地域が一体となって患者様を支援する時代となりました。当院の在宅医療の取組みは20余年になりますが、常に良質な在宅医療の提供を目指してまいりました。今後更に、他職種との連携を深め、また患者様の環境などに配慮しながら訪問看護が重要な役割の担い手となれるよう精進してまいります。


 


 

 

地域の人々に信頼される病院となり、患者様に対して慈愛の気持ちで接します。

患者様の権利、人格を尊重し、常に新しい技術の導入に努め、医療の質の向上に努めます。

職員はおたがいに平等の気持ちを持ち、信頼し勉強し、明るい職場である様、努力します。

という病院設立理念に基づき当院看護部は、患者さんより信頼されるような「まごころのこもった看護」が提供できるよう努めています。倫理的視点に基づいた看護実践を心がけ、患者さん、職員ともに満足できる看護実践ができるよう、教育の充実、働きやすい職場づくりに取り組んでいます。

また平成266月よりより一層まごころのこもった看護が実践できるようチームナーシング制を取り入れ、業務改革を行い患者さんに還元できるよう努めています。

まごころのこもった看護を実践します。

 
 

 

看護部理念

私たち看護部職員は、病院の基本理念に基づき、患者皆様を全人的に捉え、

権利を尊重し、まごころのこもった看護を実践します。

看護部基本方針

 

  •  質の高い看護を提供します
  • 看護を患者中心に考えます
  • 安全・安楽な環境を目指します

看護部目標

1.  安全で信頼される質の高い看護を提供することができる

1)患者家族を尊重した看護を提供することができる

2)接遇改善に取り組み、温かい看護を提供することができる

3)患者の療養環境を整えることができる

4)安全意識を高め、安全・安楽な看護を提供することができる

2.  自己研鑽の推進

 組織人としての自己成長のできる目標管理ができる

3.  やりがいのある職場創りを目指すことができる

1)    勤務態勢の見直し、改善を図ることができる

2)    他職種との協力連携体制を促進することができる

4.   病院経営に参画することができる

1)    地域の病院、施設との連携を図り、継続した看護を実践することができる

2)    新病院開設に向けて取り組むことができる

 

 

福利厚生について

当院では昼休憩を2時間とることができます。2時間の休憩をスタッフ全員が確実に取ることができ、かつその間看護が手薄にならぬよう独自の休憩体制をとっております。勤務体制は2交代制で日勤は830より1800、夜勤は1630より900となっております。

月に1回リフレッシュ休暇として有給休暇消化を認めており、有給休暇の計画的な取得に取り組んでおります。尚現在の状況では勤務希望は一人3つまで出すことが出来ます。(リフレッシュ休暇含む)その他、やむを得ない事情に関してはできる限り相談に応じるようにしております。(状況が許す限り)

年に一度職員旅行があります。

 

 




更新日:2017-07-31